【驚愕】「るろうに剣心」の作者がロリコン? 児童ポルノ所持で書類送検!? 

大人気マンガ「るろうに剣心」で有名な作者・和月伸宏さんが書類送検され話題となっています…

るろ剣作者の意外な性癖とはいったい!?

スポンサーリンク

るろ剣の作者が書類送検

あの大人気マンガ「るろうに剣心」の作者・和月伸宏さん(47)(本名・西脇伸宏)が児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑で書類送検されたことがわかりました!!

西脇さんは、都内の事務所で、10歳代前半女児の裸が映った動画が収録された複数のDVDを所持した疑い。本人は容疑を認めており、

「小学校高学年から中学2年生くらいまでの女の子が好きだった」

と供述しているとのことです。

和月さんは今年9月4日発売の「ジャンプスクエア」10月号から、『るろうに剣心』の続編となる『るろうに剣心-明治・北海道編-』の連載を始めたばかりだったこともあり、ファンからは驚きの声が上がっています。

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』とは

出典;【楽天市場】 ショップ一覧

るろうに剣心とは、1994年から1999年にかけて「週刊少年ジャンプ」連載されて大人気マンガ。アニメ化もされシリーズ累計発行部数は6000万部を超えています。

『るろうに剣心』といえば、2012年8月25日にイケメン俳優・「佐藤健」主演で実写映画化され、続編である第2作『るろうに剣心 京都大火編』は2014年8月1日、同年9月13日には第3作『るろうに剣心 伝説の最期編』が連続公開。

出典;live.nicovideo.jp

3部作がすべて大ヒットを記録し、少年マンガの枠を超え、老若男女問わず多くのファンに愛される作品となりました!

スポンサーリンク

あらすじ

幕末に「人斬り抜刀斎」として恐れられた伝説の剣客、緋村剣心。明治維新後は「不殺」(ころさず)を誓い、流浪人として全国を旅していた。神谷薫との出会いや、同じ激動の時代を生き抜いた宿敵達との戦いを通じて、贖罪の答えと新たな時代での生き方を模索していく。

ネットの反応

「るろうに剣心しばらく休載かな」
「嘘でしょ。北海道編どうなるんだろう」
「続編が真面目に楽しみだった」
「漫画もそうだけど、これは噂があった実写続編にもトドメを刺す結果になりそう」
「もしかして連載中止?」
「連載終わるやろこれ」
「るろうに剣心網走編に突入するでござるか?」

まとめ

るろうに剣心は私も大好きな作品でした。学生時代は、飛天御剣流「九頭龍閃!!」「天翔龍閃!!」とか「メッチャかっこいい!!」と思いながら読んでいましたからね。

そのため、今回の和月伸宏さんのニュースはとてもショックでした。まさかロリコンだったとは…

現在、連載中の北海道編ですが、一時休載になるそうです。打ち切りにならなかったのは不幸中の幸いだと思いますね。

今後、和月伸宏さんはどうなっていくのか、るろ剣は果たして続くのか?

るろ剣ファンの皆さん、今後注目です!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする