意外と知らない!? ダウンジャケットの正しい着方とは!!

もうすっかり寒くなり、冬の季節。厚着してオシャレしている人も多いですが、

そんな中、ダウンジャケット正しい着方が話題に!?

スポンサーリンク

ダウンジャケット、たくさん服を着こむのはNG

ダウンジャケットの下にたくさん服をきてダウンジャケットを着ている人、多いのではないでしょうか?

ですが、これではダウンジャケット本来の性能発揮されないそうなんです!!

ダウンはみなさんの体温で暖まると羽をふくらませます。その膨らんだ羽が空気をたくさんつかまえて動かない空気という断熱層を作るから暖かくなる素材なんです。

熱源である体温から離してしまうとダウンジャケットの性能が落ちてしまします。

なのでダウンジャケット着るときは、インナーは薄着でその上に直接着てしまってください

インナーは汗を吸収し、すぐに発散できるものがいいです。

そうするとダウンジャケットの服が膨らむので、少ない衣類で効率よく暖をとることができます。

たまに外で元気に遊んでいる子供がダウンジャケットを着ていると、力士のような体系になっている時がありますよね。

それは体温が上昇しダウンジャケットの羽が膨らんでいるからです。

もちろんファッションで来ている人も多いと思いますが、変に着こまなくても薄着のインナーダウンジャケット一枚で温かく過ごせるということを覚えておくといいと思います!

スポンサーリンク

ダウンジャケットは綺麗にたたまなくてもOK

ぐちゃっとしてしまうと「シワは?」と気にされる方も多いようですが、ダウンの性能がいいと体温を感じてすぐ膨らんで復活します。ダウンがシワになるのは、たたみ方より、膨らませて着ていないからかもしれません。

逆にきれいにたたもうとすると同じ部分がシワになってしまいます。

そうすると、そこの断熱性能が落ちてしまいます。野外では、そんなことが命に関わる場面もあります。

だから、ぐちゃぐちゃに、収納袋につめこむのが正しいアウトドアでの収納方法なのです!

雑ではなく、命を守る、正しい、そして楽な収納方法です!

まとめ

いかがだったでしょうか。ダウンジャケットの正しい着方や特性、意外と知らない方も多かったのではないでしょうか?

ダウンジャケットは優れた保湿性能をもった防寒具であることがわかりましたね!

同じ特性を持つ寝袋。あれダウンジャケットと同じ原理で一枚でも温かく寝れますよね!

これからもっと寒くなることが予想されます。

しっかり防寒対策をして、体調に気を付けてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする