本当は知らない!?くるみ割り人形の真実

クリスマスの定番のおもちゃと聞かれたら『くるみ割り人形』と答える人も多いのではないでしょうか。

確かに、クリスマスの定番でもあり、クリスマスシーズンになると聞かない日はないというぐらいにくるみ割り人形の話題が出てきますよね

そんなくるみ割り人形に隠された本当の真実とは!?

スポンサーリンク

くるみ割り人形ってなに?

出典;商いや山田

一度は聞いたことがあるという人も多い、このくるみ割り人形なのですが、そもそもくるみ割り人形についてしっかりと答えることができますか?

実は、くるみ割り人形とはピョートル・チャイコフスキーの作曲したバレエ音楽、およびそれを使用した2幕3場のバレエ作品のことです。

出典;http://www.k-ballet.co.jp/performances/201612nutscracker

バレエ作品であり、おもちゃではないのかと、疑問に思ってしまいますが、

一言で言うと「バレエ」の音楽でもあり、「くるみ割り人形とねずみの王様」の童話でもあるのです。

また、実はくるみ割り人形とはもう一つの意味があり、くるみ割り人形を英語では「The Nutcracker」と言って、これは文字どおり、くるみを割るための道具なのです。

見た目はドイツの民芸品として有名でもあり、ひげを生やし鮮やかな色の制服をまとった兵隊姿です。

これは見たことがあるという声も多数ある方と思いますが、クリスマス用品や装飾用やお土産品のニーズで広く流通しています。

バレエのくるみ割り人形は面白いの?

スポンサーリンク

出典;http://tulip21.blog95.fc2.com/blog-entry-654.html

バレエのくるみ割り人形ということは分かったけれども、そもそもバレエのくるみ割り人形は面白いのか気になってしまいますよね。

実際に、原作はドイツの作家ホフマンの「くるみ割り人形とねずみの王様」という童話で、2幕3場の構成となっていて、ストーリーは夢物語で、子供にも分かりやすく、とても面白いです。

また、バレエの振り付けやテクニックは圧巻で、観る者を惹きつけてくれます。

テンポもとても良いため、途中で飽きてしまうこともないので、子供でも最後まで楽しむことができるので、子供でもオススメです。

また、なんと言ってもくるみ割り人形の音楽がとても素晴らしく、CMやフィギュアスケートなどにも使用されているため、一度は聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。

まとめ

くるみ割り人形について聞いたことがあっても実はよく知らないという人が多かったのではないでしょうか。

クリスマスシーズンになると必ずと言って良いほど耳にするくるみ割り人形ですが、誰かに聞かれた時に自慢をすることができるように、今回ご説明したくるみ割り人形についてしっかりと覚えて、自慢をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする