業界のイメージランキング!!

全国、20歳以上の男女約7,000人に『業界のイメージアンケート』を実施!

みんなが思う「ブラッグな業種とは…

スポンサーリンク

業務内容が過酷だと思う業種ランキング

1位 物流・運送(19.9%)
2位 IT・メディア(19.8%)
3位 金融(12.9%)
4位 建築・不動産(9.8%)
5位 サービス(8.3%)
6位 飲食(7.0%)
7位 小売・卸(4.6%)
8位 自動車(4.5%)
9位 エネルギー・資源(1.8%)
10位 精密機器・機械(1.5%)

1位 物流・運送

物流・運送が19.9%で1位となりました。

物流は 単純作業が多いですが、予想以上に重労働です。また中にはキツい言い方をする社員さんもいたりします。

夏場は暑さと、冬場は寒さとの戦いになるので相当な覚悟が必要に来ますし、重い物を持ったり、置いたりすると足腰が痛くなります。

運送は、比較的給料は高めですが、長時間の運転技術や体力が必要になってきます。

お客様と連絡を取ることも多く、ある程度のコミュニケーションが大切です。

イレギュラーなことも起こりやす、道が混んでいたり、運転手が急用でこれなくなったり、お客様はさまざまな注文を出しますので、臨機応変に対応する決断力・判断力も求められます。

拘束時間や業務内容よりも仕事を通じて与えられる体力面精神面に負担がかかり、過酷な業種と思う人が多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ブラック企業のイメージがある業種ランキング

1位 IT・メディア(18.2%)
2位 飲食(13.5%)
3位 サービス(13.3%)
4位 建築・不動産(11.6%)
5位 物流・運送(11.4%)
6位 金融(11.1%)
7位 小売・卸(4.8%)
8位 自動車(3.5%)
9位 エネルギー・資源(1.9%)
10位 食品(1.4%)

1位 IT・メディア

1位は18.2%IT・メディアが1位となり、2位は飲食、3位はサービスと、接客関係の業種が並んでランクインしました。

IT業界は締切日までにプロジェクトを完成させるさせなければならないため、納期が迫ると必然的に深夜残業が続き、睡眠時間を犠牲にしてハードな日々を送ることになります。

ITのかなりの速いスピードで進歩するため、常に新しい技術や知識を身につける必要があります。常に上を目指す向上心を持ち、走り続ける覚悟が必要です。

メディア・マスコミは常に新鮮な情報発信しなけれなばいけないため写真一枚撮るだけでも数日張り込むことも珍しく無いようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする